売却の検討を始めた方へ

 

■売却の検討を始めた方へ

 

 

 1.無料相談・無料査定

 

  売却相談や物件価格の査定は無料で行います。

  豊富な経験と実績を持ったスタッフが対応します。お気軽にご相談ください。

 

 

 2.住まいの買い替え

 

  買い替えの場合、現在の住まいの売却と新居の購入のタイミングは重要です。

  どちらが先がよいのか、お客様にあった方法を選択しましょう。同時に行えるのが理想ですが、現実にはなかなか難しい

  ものです。売却先行パターン、購入先行パターンを比較してみましょう。

 

 ①売却先行パターン:    まず現在の住まいの売却を行い、売却代金を新しい物件の購入費用に充てる方法。

 

 <メリット> 

  購入物件の資金計画が立てやすくなります。売却代金を新居の購入費に充てることができるので、住宅ローンの借入額を

  低く抑えることができます。

 

 <デメリット>

  売却が決まれば、引渡しまでに新居を探さなければなりません。購入物件がなかなか決まらない場合は、「仮住まい」を

  する必要が生じます。「仮住まい」と「2度の引越し」で余分な手間と費用が発生します。

 

 

 ②購入先行パターン:    最初に購入物件を決めてから現在の住まいを売却する方法。

 

 <メリット>

  希望の条件にあった購入物件を気長にじっくり探すことができます。仮住まいなどの余計な費用がかからず、引越しも

  スムーズにできます。

 

 <デメリット>

   新居の取得までに今までの住まいの売却ができない場合、売却代金を購入費に充てることができないので、住宅ローンの

  借入額が高くなる可能性があります。場合によっては二重ローンになる可能性も考慮する必要があります(場合によっては、

  不動産会社の「下取り」や「買取保証」などの売却サポートプランを利用できる場合もあります)。