不動産売却の流れ

 

 ■不動産売却の流れ

 

 

    

 

 

 1.ご相談

 

  ライフスタイルや家族構成の変化、環境・経済状況の変化、相続など、住まいの売却には、様々な理由があるでしょう。

  遊休資産の売却か住み替えかでは売却のスケジュールや考慮する内容も変わってきますし、売却のための諸経費(仲介

  手数料、税金、引越し費用、ローン関係費用等)の考慮も必要です。

  売却したい時期、手元の資金など、遠慮なくご相談ください。

  相場や資産活用の方法など、丁寧にアドバイスさせていただきます。

 

  

 2.物件の調査と価格査定

 

  物件の状態や周辺環境などを細かく調査し、各種情報(路線価格、公示価格、類似物件の成約価格等)を収集し、不動産の

  プロの目で査定し、かつ売主様の希望条件なども考慮して、物件の売り出し価格を導き出します。

 

 

  

 3.媒介契約締結(弊社に仲介を依頼する)

 

  売買の仲介を正式に依頼される場合は、弊社と媒介契約を締結します。媒介契約の形態には次の3種類があります。

  契約の種類によって仲介手数料が変わることはありません。各媒介契約の内容をご理解のうえ、売主様にとって

  一番メリットのあるものを選びましょう。

 

   ①専属専任媒介契約

   ②専任媒介契約

   ③一般媒介契約

  

 

 

 4.販売活動

 

  媒介契約締結後、売主様のご希望条件やご要望をお聞きしながら、お預かりした物件に応じた販売計画を立て、ご希望の期間内

  での売却活動を行います。

  物件図面の作成、購入希望者への物件紹介、チラシ配布や各種新聞広告掲載など、売主様のご希望に応じた販売活動を行います。

 

 

 5.購入のお申込み・売買物件の調整

 

  購入希望者が現れたら、物件をよく知っていただくため、現地までご案内します。

  売買契約締結後のトラブルを防止するために、事前に物件を調査のうえ、重要事項説明書を作成し、購入希望者に説明を行い

  ます。

  特に、物件に不具合や欠陥(瑕疵)などがある場合には、誠実に購入希望者に伝えることが大切です。

  また、購入希望にあたっての売買条件を交渉します。価格の条件はもっとも重要ですが、その他の条件についても譲れる点と

  譲れない点を明確にして、交渉を進めます。

   

 

 

 6.売買契約締結

 

  売買条件を合意したら、買主と売買契約を締結していただきます。

  この際、一般的には物件価格の5~10%位の手付金(契約金) を受領していただきます。

 

 

 7.決済・引渡・所有権移転登記

 

  買主様の住宅ローンの融資承認後、残代金を受領し、登記手続き(抵当権抹消、所有権の移転等)を行い、物件を引渡します。